• Uprizine

Spring 2020; Foreward (3/3)

By Angelyn Labadan

Translated by Alisa Adkins and Risa Kobayashi


The first time I thought about joining uprizine, was the spring of 2019. The two editors at the time, Hikari and Tricia, came and spoke to my magazine article writing class. After hearing them talk about the mission and the goal of uprizine, I thought,


This is it. This is the platform I need.”


I knew exactly what I wanted to write about. I wanted to write about my experience and share it through uprizine because I just knew that it was the right platform.


However, when the time came to pitch my idea...I started to feel shame, fear and anger.


I wasn’t ready.


As the spring semester came to an end, uprizine was in search of a new editor as both Hikari and Tricia would be graduating that semester. If there wasn’t going to be a new editor, then it was most likely that uprizine would come to a close, especially since most of the other members were graduating as well.


I remember the excitement I felt when they first talked about the zine in my class. Even though I didn’t end up joining at the time, I didn’t want uprizine to end.


I still wanted to write about my experience… but, I just wasn’t ready yet.


After officially taking up the role of editor in the fall of 2019, I met so many new people, shared so many ideas and experiences, and discovered a whole new side of the world and myself. Uprizine provided me with such a great community, a powerful voice and a platform to share my experiences. But most importantly, uprizine let me know that I am not alone and that there are people that support me.


Because of this, I’m finally ready to share my experience with you today.


I’ve written quite a few articles for this edition of the zine, but the one I wanted to write about from the very beginning is included in the section “Unopened Letters.” I’d appreciate it, if you could take the time to read what I’ve prepared to write about for the past year and a half.


I was editor for a very short time (Summer 2019 - Spring 2020), but I hope that uprizine will continue to be what it is to me and many other people: a supportive community, a powerful voice, and a place to simply, belong.



By ラバダン・アンジェリン

翻訳者:アドキンズ亜里紗・小林璃沙


初めてアップライジンに参加したいと思ったのは2019年の春でした。編集者のひかりさんとトリシアさんは私の雑誌記事のクラスに来てアップライジンについての話を語りました。アップライジンはどういう事をしているのか、どういう目標があるのかを聞き、思いました。


「あ、これだ!私が必要だった環境は!」


私は何を書きたいか解かりました。アップライジンをとうして私の経験について書きたいと思ったのです。アップライジンでこれを表現ができると思ったからです。


ですが、私の考えを発表するする時が来て.....恥、恐れ、と怒りを感じました。


心の準備ができていなかったのです。


春の学級は終わりに近つ’’き、ひかりさんとトリシアさんは卒業が近つ’’いていました。その時アップライジンは新しい編集者を探していました。他のメンバーたちも卒業が近つ’’いており、もし新しい編集者を見つかることができなっかたらアップライジンも続けられない可能性がありました。


私が初めてアップライジンについての話を聞いた時、感じた興奮を思い出しました。その時アップライジンには入っていなかったのですが、終わって欲しくないと思いました。


自分の経験、あの経験について書きたいと思ったからです。けれど心の準備はまだ整っていないなかったのです。


しかし、2019年の秋に正式に編集者になりました。その間色々な人と出会い、色々な考えとか経験など分かり合える事ができました。私が知らなかった新しい自分と世界を見つけることができました。アップライジンは私に素晴らしいコミュニティーと、自分についての経験を話せる刺激を与えてくれました。アップライジンは私に一番大切なことを教えてくれました。私は一人ではなく色々な人にサポートをされているということも教えてくれました。


ですから、今日、やっと皆さんに私の経験を伝えることができるのです。


今回のジン版ではたくさんの記事を書きました。その中でも「未開封の手紙」の部分に私が最初からとても書きたいと思っていたことが入っています。ぜひこの1年半で準備していた記事を読んでいただければとてもありがたいです。




ABOUT US

UPRIZINE was founded in 2017, aiming to create conversation and raise awareness surrounding intersectional issues at Temple University Japan through opinion pieces, creative writing, and occasionally, informative journalism. It is run by students and for students, through the TUJ Zine Club. 

Disclaimer: The site is run by TUJ students and through the Zine Club but is not an instrument of Temple University

Translation Note: 

Because our site is translated by our members/students, we are not able to translate all contents at this time. However we will do our best to make the site's basic features available in both English and Japanese.