• Uprizine

Spring 2020; Foreward (1/3)

By Hikari Hida

Cover Image By: Macayela Blackhorse

Design/Edit By: Xurian Dively

Translation by: Risa Kobayashi


I.

My best friend wrote me a letter the summer before we graduated from college. The letter said, “open when you’re ready.” I didn’t think much of it at the time, and the letter got lost under a pile of school work and extracurricular activities. That is, before I stumbled upon it the following spring when I needed it the most.


I won’t quote the contents of the letter here, because it’s already been published. It’s the forward to the Spring 2019 edition of uprizine. It was published with the last line left out: “Love, Tricia”


II.

To me, uprizine was everything at times. A passion project, support group, tool used to toxically step into somebody else’s trauma and forget about my own. I’ve grown, I’ve cried, I’ve been recognized by the institution for work that was accomplished because of forces far beyond myself.


I’ve been lucky enough to have first handedly witness what uprizine has become since Tricia and I have left. Uprizine 2.0 has even more students involved and is thriving with creativity and fresh ideas. Issues covered have spread to more than sexual violence to become more inclusive. Some students involved don't even know the magazine’s origin story. Maybe that is for the better.


III.

It’s been less than a year since the Dean begrudgingly let me stand the stage of graduation to speak. A lot can happen in less than a year. In less than a year, you could fall in love with someone who refuses to eat animals but questions the importance of Title IX resources. In less than a year, you could start sobbing during sex because you find that the memories you thought you buried at 19 come rushing back. But in less than a year, little by little, you could also start learning how to infuse formerly scary spaces with light again.



By ひだひかり

翻訳者:小林璃沙


大学卒業間近の夏、親友が私に手紙の封筒をくれた。そこには「準備ができた時に開けてね」と書いてあった。私はその時、特に気に留めることなく、その手紙も、当時山積みの課題に埋れていつの間にか姿を消してしまった。それから春が来て、私がその手紙を一番必要としていたある時、偶然に見つけ出したのであった。

その手紙は2019年春に出版されたアップライジンの序章に掲載されているので、ここではその内容は省略することにする。その掲載では「愛を込めて、トリシア」という一文を除いて、全文が記載されている。


当時、アップライジンは私にとってある意味”全て”だった。私に情熱を持たせてくれたプロジェクトだった。私を支え、又誰かを支えさせてくれるグループだった。他人の辛い過去に足を踏み入れ、手を差し伸べる手段だった。そして、自分の辛い過去も、少しずつ忘れることができた。私は、ずいぶん成長したと思う。泣いたこともあった。しかし、大学に私たちの活動を認めてもらうことができたのは、”自分”を越えさせてくれた様々な力のおかげだ。


私とトリシアが大学を卒業してからも、私はアップライジンのその後をよく見ていた。自分の目で見ることができたのは、幸運だったと思う。今のアップライジン2.0はさらに多くの学生が参加しているし、創造力や新鮮なアイデアに溢れている。内容は性暴力に限らず、内包的に、様々な問題を取り扱っている。参加する学生の中には、どうしてアップライジンというプロジェクトが始まったのかさえ知らない者もいる。いや、むしろその方が今後にとって良いのかもしれない。


卒業式の日に舞台上で話すことを学長は渋々と了承してくれた。あれから未だ一年も経っていない。しかし、あれから多くの出来事があったように思う。たとえば、恋に落ちること。動物を食べることを嫌いながら、アメリカのタイトルナインの重要性について懐疑的である人に、恋をすること。それから、19歳の時に封じた記憶が、ある日のセックスの途中に突然蘇って、涙にむせぶこと。そして、今まで怯えていた場所を、少しずつ、光でまた照らしていけるようになること。そんなことが、一年も経たないうちに、起こり得るのだ。


ABOUT US

UPRIZINE was founded in 2017, aiming to create conversation and raise awareness surrounding intersectional issues at Temple University Japan through opinion pieces, creative writing, and occasionally, informative journalism. It is run by students and for students, through the TUJ Zine Club. 

Disclaimer: The site is run by TUJ students and through the Zine Club but is not an instrument of Temple University

Translation Note: 

Because our site is translated by our members/students, we are not able to translate all contents at this time. However we will do our best to make the site's basic features available in both English and Japanese.